FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
失われていくKalingaの文化
カテゴリ: フィリピンKalinga / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
いつもKalingaに入る度に感じるジレンマがある。
10年前よりも5年前。5年前よりも今。
確実にKalinga族の文化は失われている。
BontocやTabukなどの大きな町に近くなればなるほど、
それは如実に感じられる。
もうどうにもならない所まで来てしまっているのだろうなぁと感じる。
10年前、アンボイと話した時50年後もここは変わらないよ。
そう彼は言っていたけれども、この10年で急激に変化をとげた。
村に電気が通り、教会が経ち、道路が敷設され、バイクやジプニーが走るようになった。テレビにDVD今では何でもある。
村のそこかしこに投げ出されるプラスチック製のゴミ。
古くから伝わる住居は壊され、トタン屋根やコンクリート製の家が建ち始める。山岳宗教やシャーマンに代わり教会での礼拝が主流になった。ノーズフルート(トゥガリ)を若者が演奏出来なくなった。
子供たちをBontocやBaguioの学校へやる事がステータスとなり、
親兄弟達は金の工面に追われる。
否応無しに物質社会の波がここに押し寄せてきている。
以前は余剰米を売り僅かな現金を得る程度だったものが、
現金収入が目的の生活へと移行しつつある。

「異文化との接触を好まず、奥地で孤立して暮らす部族たち」
元はそうであったはずの人々が段階を経て文化を失ってゆく。
3000年もの間暮らしを脈々と受け継ぎ暮らしてきた人々。
そこには、私たち同様彼らなりの文化がある。

先進国の技術や資本主義がどんなに優れているとしても、
それが他国や他民族の幸せになるとは限らない。
何処まで行っても自己文化を正当化し他文化との比較をする。
他文化を理解するという事は自己文化の基に他文化があるのではなく。ただ、他文化に触れ理解し飲み込んで行く事なのではないだろうか?そこで初めてその文化の幸せというものを心身共に理解するのだと思う。

しかしKalingaはもう手遅れなのじゃないかと感じる。
今は彼らの文化が少しでも保存され、
形を留めて行ってくれることを願わずにいられない。

もし何かをKalingaへ伝えたいと思うのであれば、
まず水田で共に働き道無き道を米を担ぎ歩いてみて欲しい
動物の命を自分で奪い生きる事の意味を感じてみて欲しい
自然の中で意図も簡単に奪われて行く命について考えてみて欲しい
彼らに伝える事で何が失われ、
暮らしがどう変わって行くのか考えてみて欲しい
そうする事で本当に何が必要で何が必要ないのか。
見えてくるのではないかとそう思う。
50年後の彼らが今と同じように優しく笑っていられるように、
良い隣人であるようにと思う。


1日1回有効。気に入ったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへブログランキング ドット ネット人気ホームページランキングFC2Blogランキング
フィリピンサーチブログ満載Blogger!J Lanking
スポンサーサイト
Edit / 2008.10.26 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
ようやく約束を果たす日がきました。
カテゴリ: フィリピンKalinga / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
会う度にガイドをやっているFlanciceがBlogで紹介してくれと言うので、
今日は思い切って紹介してみようと思います。
まず、どんな人相かといいますと…


Flancisu

こんな感じです。
かなりうさんくさいですが、精一杯のお洒落をしてます。
この胡散臭さとは逆に、ものすごくジェントルマンな男ですし異文化への理解力は出会ったガイドの中でずば抜けて素晴らしいと思います。
当然、女性1人でも安全に案内してくれます。

何が言いたいかといいますと、快適な旅と安全な旅を望むなら、
この地を訪れる際に彼の力は必要ですよというコトです。

部族間抗争なども時折起こりますし、単独でKalinga山中へ入るのは
決してお勧め出来ません。もしガイドが必要な方がいらっしゃったら、こちらに書き込み頂ければ紹介させて頂きます。
Banaueよりもネイティブなイゴロット族のLifeを体験出来るかと思います。また、時間を見て彼の紹介ページを作りたいと思いますのでその折にはご覧くださいませ。


1日1回有効。気に入ったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへブログランキング ドット ネット人気ホームページランキングFC2Blogランキング
フィリピンサーチブログ満載Blogger!J Lanking
Edit / 2008.10.23 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Kalingaの道の崖崩れ
カテゴリ: フィリピンKalinga / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
Bontoc to Kalinga

BontocからKalingaへの道は10年前に比べると格段に良くなっている。
でも、やはり崖崩れは頻繁に起こるみたいです。
上記はジープニーの上から撮った写真。
万が一谷に落ちた時の場合も考え常に屋根の上に乗る様にしています。
落ちそうになったら飛び降りて回避。難しいでしょうけどね。
後、出発前にドライバーと話すようにしています。
酒臭かったり、トラブル持ちのドライバーの車には乗らないようにした方が懸命。

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
Edit / 2008.08.09 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
カリンガのチリについて
カテゴリ: フィリピンKalinga / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
僕がフィリピンで最初に腰を落ち着けた土地がカリンガだったのは、
友人のH君によるところがかなり大きい。
たまたまボントックの宿屋の前で出会った、
僅かな時間ではあったけれど、
事前に計画していた土地での暮らしを変えても良いと思わせるに、
十分な説得力ある話が聞けた。
当時の僕はイゴロットに対して殆ど知識が無く、
テレビで見たワンシーンだけを頼りに探して、
ボントックの地まで探し探して辿り着いた。
そこでH君よりネイティブな暮らしを経験したいなら、
カリンガへ行くべきとの助言を得た。

H君について少し触れたいと思う。
H君はカリンガの住居や生活習慣、文化などを研究していた方で、
1日の大半をフィールドワークに費やしていた、
大変な研究家だった。

前置きが長くなってしまったけれど、
イゴロット族が主食にしているのは、我々日本人と同じ米。
だから、食生活には基本的には困らない。
ところがおかずとなると、そうも行かない。
まずいという訳ではないのだけれど、
日本人から見るとかなり質素で原始的な調理に見える。
無論文化が違うのだし、経済状況、物質的な事を考えても、
同じような食生活は無理だと思うのだけれど、
そんな時に、活躍してくれるのがチリだ。
大量のご飯と共に出されるスープ。
一杯の味噌汁で2合や3合の飯を食べるのは至難の業。
でもチリならば、ほんの数欠片あればそれが可能になる。
チリと塩を椰子の実を半分に割った器に入れて磨り潰す。
これを少量手に取り、ご飯と共に食べるのだ。
これは、文句なしに美味い。
とはいえ、猛烈な辛さのチリにあたると涙する事になるのだけど…

日本でこのチリと似たものを探したのだけれど、
結局見つからなかった。
自生しているこの小さなチリよりも美味いチリには、
残念ながらお目にかかったことは無い。
気長に探してみようと思う。
簡単な調理方法なので、是非試してみて欲しい。
2センチ程のチリと塩を磨り潰し混ぜ合わせるだけ。
良いチリが見つかったら是非ここで報告したいと思います。
でも現地から種を貰ってきて植えるのが一番早いかもしれないですね。

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
Edit / 2006.06.28 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
犬料理
カテゴリ: フィリピンKalinga / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
申し訳ありませんが、愛犬家の方は撤退お願いします。
興味のある方は下からどうぞ。

Read more...
Edit / 2006.06.25 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。