FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
フィリピンのエアコンとトイレ
カテゴリ: フィリピンLife / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
暑い国でのエアコン。快適な暮らしをするにはかかせな存在かもしれない。でも、冷凍庫並みに冷えている店なりバスに当たる確立もまた、
すごく高い。

レストランであれば、早めに食事を切り上げて出れば良いが、
キンキンに冷えた長距離のバスは頂け無い。
その内詳しく書きたいと思うけれど、
これはちょっとした拷問に近く、腹を冷やす事間違い無し。
長袖でも持っていれば何とかなるかもしれないけれど、
そうでもなければ防ぐ手立ても無い。
長距離バスは途中で降りるなどという事も出来ないし、
一度、腹を壊すと恐ろしい末路が待っている。

長距離バスに乗る時は、エアコン無しの窓際の席。
これが一番快適に過ごす事が出来る方法かもしれません。

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Edit / 2006.07.09 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
危険な道
カテゴリ: フィリピンLife / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
危険な道を避けて通りたい。
という方の為に知ってる限りの情報を書いてみようと思う。
サガダ⇔ボントック 危険度B
ボントック⇔ブグナイ⇔ティングライヤン危険度A
ボントック⇔バナウエ 危険度C
ボントック⇔タルビン 危険度C
ボントック⇔ギナアン 危険度B
バギオ⇔サガダ 危険度D

マニラからサガダまでの道のりは、安全と言っても良い。
ボントックへ入る道は完全に安全が確保されている道は無いと思う。
又、ボントック以西は崖があり土砂崩れが頻繁に起こる事から、
あまりお勧め出来ません。
あえて言うならば、バナウエから入るのが一番安全に思います。
ちなみに、僕はサガダ経由で入りますが途中バギオで一泊するので、
体への負担が軽くなります。
それから、ボントック周辺でジープニーやバスに乗る際には、
事前に運転手と会話をした方が良いです。
お酒臭い運転手や調子の悪そうな運転手の場合、
別の便に乗る事をお勧めします。

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
Edit / 2006.06.21 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
フィリピンの格安航空チケット
カテゴリ: フィリピンLife / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
フィリピンに行く際、毎回同じ担当者に手配を頼んでいたのだけれど、
最近は他で探した方がどうも安いようだ。
値段にして5000円~10000円位だろうか?
以前は成田発のエジプト航空とパキスタン航空が安かったのだけれど、
(確かエジプト航空は路線自体が無くなったと思う。)
今はもっと安いチケットがあるのだろうか?

1WeekのFIXチケットだとかなり安いチケットも多く出回っているから、
ちょっと旅行をしたいなんて人にはいいと思う。
59daysビザで入国する場合だと、2ヶ月以上のチケットが必要になるので、(59日ギリギリまで居るという人は)
少し高めのチケットになるのを覚悟しないとならないと思う。
チケット位とは思うけれど、その分フィリピンでおいしい物を食べたり、お酒を飲める事を考えたら節約出来る所は節約しないとですね。

などと書いているウチに気になって来たので、
時間がある時にチケット状況を調べてみようと思います。
Edit / 2006.06.08 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
誘拐容疑で警官逮捕
カテゴリ: フィリピンLife / テーマ: 思ったこと、考えたこと / ジャンル: ブログ
国家警察、パンパンガ州で起きた実業家誘拐事件で現職警官3人を逮捕。
何処の国も警察官の犯罪というのはあるようで、
決して警官だからといって信用出来ない所が有る。

特にフィリピンでは悪質な犯罪に関わる警官が多く、
袖の下なんていうのも日常茶飯事にある。
日本から行く旅行者に一番注意して欲しいのが、
荷物の持ち運び。
親切そうに近づいて来て、ポーターなんかのフリをする奴を見るけれど、決して荷物を渡しちゃいけない。
というのも受け取った荷物に麻薬を忍ばせ、
警官に発見させ賄賂を要求されるなんて事があるらしい。
前もって有る程度、そういった情報をサイトなんかで調べてから行くと、今流行りの手口が判るので安心かもしれないですね。

日本の警官というと、以前こんな事があった。
深夜、家の側の公園でバイクを乗り入れ暴れていた少年少女を見つけたので、警察へ通報した。
警官は一通り話を聞くと、「それで、注意されました?」
こう聞かれた。
出来ると思っているのだろうか?
今日、ナイフや鉄パイプが出てきてもおかしくない世の中。
素手で注意して危険な状況になったら警察は助けてくれるのですか?
日本は銃国家じゃないんですよ?

日本は世界の中でも治安がすごく良い方だと思う。
警官の質も高い方であると言えるかもしれない。
だが毅然とした態度を通り越して、「怠慢」・「高慢」な警察官の
何と多い事よ。
反対に、道を尋ねても親切に教えてくれる警察官も居るには居るが、
そういった警察官に会うのは稀である。
警察官であるまえに、1社会人。1人の人間として人と接して欲しいと思う。
Edit / 2006.05.28 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
サボリ気味のBlog
カテゴリ: フィリピンLife / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
この所なんだかBlogを書く気がしない。
多分メンタル的に余裕が無いんだろうなぁ。
僕の生活でフィリピンとかかわりのあるものって、
GILBEY'S GINくらいなものか…
飲み方もフィリピンスタイルです(笑)
今宵ももちろん飲んでます。

だけどフィリピンの話を書く程の余裕は今無いかなぁ。
そろそろ限界だって感じてるんで、
何処か遠くへ行って見ようか、
もしくは緑のある所で過ごしたいなぁ。
なんて思う今日この頃です。

気がついたらフィリピンに居たりしてね。
大いにありえる話だなぁ(笑)
Edit / 2005.08.22 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。