FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
ラ・バンバを歌う
カテゴリ: フィリピンBontoc / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
ある時フランシスに誘われ、カラオケに行った。
カラオケといっても、マニラにあるそれとは違い、
明るい店内で、お酒を飲みながら楽しく飲むという、
正しいカラオケといった感じだった。

ここにあったカラオケは、なんとも巨大で自動販売機の1.5倍程もある機械で、曲を頼むとコインを入れてくれオケがスタートする。
何品かのつまみを頼み、いつもの様にフランシスと大工の友人と三人で、ジンの回し飲みを始めた。
ビールを飲みたい所だったけれど、友人と飲む酒はやはりジンの回し飲みに限る。フランシスの十八番は、テネシーワルツ。
お世辞にも上手とは言えないが、感情を込めた中々の歌いっぷりだ。
選曲が古いのは致し方ないが、次回会った時には別の曲を是非教えようと思う。

僕はお酒が飲めればそれで良いと思っていたので、
黙々と酒を飲んでいたのだけれど、
その内、フランシスが僕の前にマイクを差し出した。
またやったなぁ…
案の定クラプトンのTears In Heavenが流れてくる。
以前にも、祭りの最中の出し物として突然ギターを渡され演奏させられた事があるのだけれど、以来気に入ったのか事ある毎にリクエストする。僕は丁重に辞退して、ラ・バンバをリクエストした。

ラ・バンバはメキシコの古い民謡で、映画のタイトルにもなっている曲。リッチーバレンスがカバーした曲でもあり、好きで良く聞いていた。

マニラからバギオへのバスの中、バギオへ近づくとそれまでかかっていた流行曲から、カントリーソングに変わる。
あぁ帰ってきたなぁと感じる瞬間でもある。
この土地で、何時かオールディーズが栄える。
そんな日が来ればいいなぁなどと、何の気なしにいつも思っていた。

久々に歌った曲だったけれど、楽しく歌えた。
すると、周りに居たお客さんから大きな拍手を貰った。
何だかすごく不思議な気分だったけれど、
しばらく考えて思い当たった。
スパニッシュの歌だったからではないだろうか?
フィリピンはスペインに統治されていた時期がある。
その名残が今でもあるのだろうか?
その後も、ジンを回し飲みは閉店まで続き楽しい一夜を過ごせた。

良かったらぽちっとお願いします。
フィリピンサーチ
Edit / 2006.07.06 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。