FC2ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
深夜の虫刺され。これいかに?(後編)
カテゴリ: フィリピンButBut / テーマ: フィリピン / ジャンル: 海外情報
確かな事から考えてみた。ここに住んでる人は刺されてない。
寝袋に付いた虫では無さそうだ。服でも無い。
これって何に刺されてるか判ります?
判りませんよね?
何に刺されてるか判らない以上、対処方法が判る訳も無いです。
まぁ部屋に虫が居ると過程して、街行って駆除する薬でも仕入れるしか
ないよなぁ。だけどこの家の子供まだ小さいし、それは無理だなぁ。
村の友達に聞いてみたけれど、刺されないから首をかしげて不思議がる
ばかり。犬についたダニかノミだろうと....
だったらなんで服とか寝袋とか干したり洗っても良くならないんだよ!
これはもう普通に考えても駄目だと...
刺されるということを前提に今度は考えてみました。
そもそも、俺と彼らの違う所って皮膚の色か?
ってことは焼いてみたらなんとかなるのでは無いか?

翌日僕は椅子をいくつか引っ張り出し、
皆に怪訝そうな顔をされながらも、焼いてみました。
それも火傷してしまったんだけどね。(笑
(皆決して焼いたりしない。暑くても長袖を着る程です。)

そんなこんなで数日後、どうも少しは成功したようです。
刺される箇所が目に見えて減り始めました。
焼くと皮膚が硬くなるんかなぁ。
それでも、まだ一晩に何箇所かは刺されます。
後は毎日仕事してれば徐々に黒くなるだろ。
主も呪いのおかげだと満足そうだったし。
一件落着だな。

後日Bontcまで行った折に蚊帳を買ってきました。
それからは虫刺されもものすごく少なくなり、
比較的安心して眠れるようになったのです。
Edit / 2005.07.23 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。